起業するのに適した国|色々な種類があるハウスクリーニングの仕事内容|開業前に情報集め

色々な種類があるハウスクリーニングの仕事内容|開業前に情報集め

スーツのメンズ

起業するのに適した国

会社

会社設立に適した国と言えばインドネシアです。インドネシアで起業する際、非公開会社の形式を取るならば5000万ルピアで会社設立することが可能です。5000万ルピアは日本円に換算すると45万円程度であり、本気で会社設立を考えている人にとっては訳なく用意できる額であると言えます。その他にも株主が2人、インドネシア国籍の名義人が2人必要ですが、これは2人ほどインドネシアに知人や親戚がいれば何とかなります。株主が1人いれば十分である上に資本金が1円でもあれば会社設立が可能な日本と比べるとその条件が厳しいように思えますが、人件費や税金の安いインドネシアという地域を考えればそのアドバンテージは大きいことが分かります。

インドネシアで会社設立を行う場合、覚えておきたいことがいくつか存在します。まず業種によって外資が参入できない場合があります。例えば運送会社、タクシー会社などはインドネシアの場合は内資100%でないと何があっても絶対に設立不可能です。しかし幸いなことに、外資参入が不可であるかどうかを確認するツールは世の中に存在しています。次にインドネシアという国について、そしてインドネシアの市場について色々と理解することが重要です。会社設立の際に、インドネシアの国民の約8割がイスラム教徒であること、主要な生産品がココナッツであること、そして地理的に見ると熱帯地域であることを忘れないでおくと何かの役に立つかもしれません。